PHP/MapScript ErrorObjクラス

ErrorObjのインスタンスはエラー発生時にMapServerにより内部的に作成されます。エラーは、最初のアイテムが最近のエラーであるチェーンリストで管理されています。リストの先頭はms_GetErrorObj() でフェッチでき、ms_ResetErrorList() を使うとリストがクリアできます。

関数:

BlinkListblogmarksdel.icio.usdiggFarkfeedmelinksFurlLinkaGoGoNewsVineNetvouzRedditYahooMyWebFacebookerrorObj ms_GetErrorObj()

errorObjリストの先頭への参照を返します。

BlinkListblogmarksdel.icio.usdiggFarkfeedmelinksFurlLinkaGoGoNewsVineNetvouzRedditYahooMyWebFacebookvoid ms_ResetErrorList()

現在のエラーリストをクリアします。
リストをクリアすると、$error->next() メソッドで取得したerrorObjハンドルはすべて無効になります。

メンバ:

int      code      /* エラーコード定数を参照してください。*/
string   routine
string   message

メソッド:

BlinkListblogmarksdel.icio.usdiggFarkfeedmelinksFurlLinkaGoGoNewsVineNetvouzRedditYahooMyWebFacebookerrorObj next()

リスト中の次のerrorObjを返します。リストの最後の場合NULLを返します。

サンプル:

この例は地図を描画し、draw() 呼出しで発生したすべてのエラーをレポートします。エラーは複数レイヤから発生する可能性があります。

ms_ResetErrorList();
$img = $map->draw();
$error = ms_GetErrorObj();
while($error && $error->code != MS_NOERR)
{
    printf("Error in %s: %s<br>\n", $error->routine, $error->message);
    $error = $error->next();
}

                                                                                                                                                                                                                                                                
Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License