Mapfile Featureオブジェクト

インラインで地物を定義する。シェイプファイルを作成できない(もしくは多くの困難がある)場合にインラインでの地物を利用できる。インラインの地物はURLやフォーム経由でも作成できる。 FEATUREキーワードで始まりENDキーワードで終了する。

BlinkListblogmarksdel.icio.usdiggFarkfeedmelinksFurlLinkaGoGoNewsVineNetvouzRedditYahooMyWebFacebookPOINTS

ENDで終わるxy座標の組。例:

POINTS 1 1 50 50 1 50 1 1 END


POLYGON/POLYLINEのレイヤにおいては最初と最後の点が同じ場所にある必要があることに注意(すなわち地物が閉じているということである)。

BlinkListblogmarksdel.icio.usdiggFarkfeedmelinksFurlLinkaGoGoNewsVineNetvouzRedditYahooMyWebFacebookTEXT [string]

この地物のラベル処理に用いる文字列。

BlinkListblogmarksdel.icio.usdiggFarkfeedmelinksFurlLinkaGoGoNewsVineNetvouzRedditYahooMyWebFacebookWKT [string]

A geometry expressed in OpenGIS Well Known Text geometry format. This feature is only supported if MapServer is built with OGR or GEOS support.
OpenGIS Well Known Text仕様で定義された図形です。

WKT "POLYGON((500 500, 3500 500, 3500 2500, 500 2500, 500 500))"
WKT "POINT(2000 2500)"

注意
インラインの地物はマップファイル中でそれ専用のレイヤを定義する必要がある。もし別のCONNECTIONTYPEが同じレイヤで指定されている場合、Mapserverは常にインラインの地物をそのレイヤとして描画し、他のCONNECTIONTYPEに由来するものを無視する。
                                                                                                                                                                                                                                                         

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License