OpenLayers.Projectionクラス

二つ投影系の間に座標変換を行うクラスです。ライブラリproj4jsを依存します。proj4jsがロードされない場合は、何も行いません。

コンストラクター


OpenLayers. Projection

パラメータ

  • options {Object} プロパティ設定するためのオプションオブジェクトです。

メソッド


getCode

getCode: function()


SRSコードを取得します。
getUnits

getUnits: function()


地図単位を取得します。ライブラリproj4jsが存在しない場合はnullを返します。
addTransform

OpenLayers.Projection.addTransform = function( from, to, method )


二つ投影系の間に座標変換を行うカスタマーズ関数を登録します。ライブラリproj4jsが存在しない場合、或いはカスタマーズ変換が必要の場合はご利用ください。
パラメータ
  • from {String} 座標コード
  • to {String} 座標コード
  • method {Function} 引数はポイントの関数です。座標系fromから座標系toに座標変換を行います。
transform

OpenLayers.Projection.transform = function( point, source, dest )


二つ投影系の間に座標変換を行います。
パラメータ

戻り値
{object} 座標変換したポイントです。

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License