OpenLayers.Lonlatクラス

このクラスは地図座標点を定義します。

プロパティ


lon

{Float} X座標或いは緯度

lat

{Float} Y座標或いは経度

コンストラクター


OpenLayers. LonLat

新マップロケーション作成します。
パラメータ

  • lon {Number} X座標或いは緯度
  • lat {Number} Y座標或いは経度

メソッド


toShortString

toShortString:function()


戻り値
{String} LonLatの文字列表現。 (例:”5, 42”)
clone

clone:function()


戻り値
{OpenLayers.LonLat} インスタンスのコピーを返します。
add

add:function( lon, lat )


パラメータ
  • lon {Float}
  • lat {Float}

戻り値
{OpenLayers.LonLat} 渡されたlonとlatの値によって移動された新しい点を返します。

equals

equals:function( ll )


パラメータ

戻り値
{Boolean} 渡されたOpenLayers.LonLatが同じlonとlat構成要素を持っていいるかどうか。注:nullを割らされた場合はfalseを返します。

transform

transform: function( source, dest )


座標変換

戻り値
{OpenLayers.LonLat}

wrapDateLine

wrapDateLine: function( maxExtent )

戻り値
{OpenLayers.LonLat}

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License