OpenLayers.Layer.TileCacheクラス

下記のクラスから継承


このクラスは読取専用のTileCacheレイヤを定義します。 TileCacheによってキャッシュされたタイルをリクエストします、つまり、TileCacheで作成しているキャッシュを事前用意しなければなりません。

プロパティ


isBaseLayer

{Boolean} ベースレイヤかどうか示します。ディフォルトはtrue。

tileOrigin

{OpenLayers.LonLat} タイル格子起点の位置。ディフォルトはmaxExtentの左下になります。

format

{String} イメージのMimeタイプを返します。ディフォルトはimage/png。

コンストラクター


OpenLayers.Layer.TileCache

TileCacheレイヤを新規作成します。
パラメータ

  • name {String} レイヤ名
  • url {String} キャッシュの場所 (tilecacheスクリプトの場所ではありません)
  • layername {String} TileCacheに定義されているレイヤ名です。
  • options {Object} 拡張オプションのハッシュテーブルです。

メソッド


clone

clone: function ( obj )


戻り値
{OpenLayers.Layer.TileCache}
Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License