OpenLayers.Layer.SphericalMercatorクラス

Spherical Mercator座標系を使う商用APIで働くために座標転換をするために最低限のレイヤです。 ベースレイヤとしてこのレイヤを使って、同じ座標系であれば、さらにレイヤがオーバレイとして使われることができます。

レイヤは、sphericalMercatorのプロパティをtrueにセットすることによって、このオブジェクトの特性を与えられます。

詳細情報:

Proj4 Text
+proj=merc +a=6378137 +b=6378137 +lat_ts=0.0 +lon_0=0.0 +x_0=0.0 +y_0=0 +k=1.0 +units=m +nadgrids=@null +no_defs

WKT
900913=PROJCS[“WGS84 / Simple Mercator”, GEOGCS[“WGS 84”, DATUM[“WGS_1984”, SPHEROID[“WGS_1984”, 6378137.0, 298.257223563]], PRIMEM[“Greenwich”, 0.0], UNIT[“degree”, 0.017453292519943295], AXIS[“Longitude”, EAST], AXIS[“Latitude”, NORTH]], PROJECTION[“Mercator_1SP_Google”], PARAMETER[“latitude_of_origin”, 0.0], PARAMETER[“central_meridian”, 0.0], PARAMETER[“scale_factor”, 1.0], PARAMETER[“false_easting”, 0.0], PARAMETER[“false_northing”, 0.0], UNIT[“m”, 1.0], AXIS[“x”, EAST], AXIS[“y”, NORTH], AUTHORITY[“EPSG”,”900913”]]

関数


forwardMercator

forwardMercator: function( lon, lat )


投影系はEPSG:4326の緯度、経度を与えて、Spherical Mercatorのポイントを返します。
パラメータ
  • lon {float}
  • lat {float}

戻り値
{OpenLayers.LonLat} Mercatorに変換した座標です。

inverseMercator

inverseMercator: function( x, y )


Spherical Mercatorのx,yを与えて、投影系はEPSG:4326のポイントを返します。
パラメータ
  • x {float}
  • y {float}

戻り値
{OpenLayers.LonLat} EPSG:4326に変換した座標です。

2つの変換の宣言


EPSG:4326からEPSG:900913まで、及びEPSG:900913からEPSG:4326までの変換はこのクラスで実装しています。

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License