OpenLayers.Layer.Imageクラス

下記のクラスから継承


OpenLayers.Layer.Imageのインスタンスは、地図レイヤとしてウェブアクセスできるイメージからデータを表示する用いられます。OpenLayers.Layer.Imageコンストラクタで新規イメージレイヤを作成できます。

コンストラクター


OpenLayers.Layer. Image

イメージレイヤを新規作成します。
パラメータ

  • name {String} レイヤ名称。
  • url {Array(String) or String} イメージの相対或いは絶対パス。
  • extent {OpenLayers.Bounds} イメージの境界座標。
  • size {OpenLayers.Size} イメージのサイズ(ピクセル)
  • options {Object} パラメータ設定用のオプションオブジェクトです。

メソッド


setMap

setMap: function( map )


パラメータ
setUrl

setUrl: function( newUrl )


パラメータ
  • newUrl {String}
getURL

getURL: function( bounds )


パラメータ
Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License