OpenLayers.Handler.Dragクラス

下記のクラスから継承


ドラッグハンドラーは、ドラッグの一連のブラウザーイベントを処理します。このハンドラーは、ドラッグシーケンスがいつ始まるか、ドラッグがいつ起こっているか、そして、それがいつ終わったかわか制御します。
一般的にドラッグハンドラーをコールバック(‘down’, ‘move’, ‘done’)で作成して利用します。三つのキーのコールバックはドラッグ開始、移動、ドラッグ終了、それぞれコールされます。そして、そのうえ、コントロールはコールバックのキーup’と‘out’も用意してます、彼らがドラッグシーケンスの終わるイベントのタイプを区別したいと思うならば。もし実際のドラッグが行っていない(マウス移動なし)場合は‘down’ と‘up’のコールバックをコールされ、但し、‘done’コールバックをコールされません。ll be called, but not the ‘done’ callback.

OpenLayers.Handler.Dragコンストラクターで新規作成できます。

コンストラクター


OpenLayers.Handler.Drag

パラメータ

  • control {OpenLayers.Control} このハンドラーを利用しているコントロール。ハンドラーがコントロールなしで使われている場合は、 setMapメソッドをオーバーライドしなければなりません。
  • callbacks {Object} ドラッグ活動が終わる時と呼ばれるために一つのファンクションを含んでいるオブジェクトです。 コールバックは引数イベントのピクセルロケーションを受信します。
  • options {Object} プロパティ設定用のオプションオブジェクトです。
Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License