OpenLayers.Geometry.LinearRingクラス

下記のクラスから継承


Linear Ringは、閉じられる特別なLineStringです。 最初のポイントとしての最後のポイントによってaddPoint/removePointの際、自動的閉じられます。

それ自体を閉じることが線家族で最初のもので、また、getArea()機能が、linearRingすることの閉じられる領域を計算します。

コンストラクター


OpenLayers.Geometry.LinearRing

ポイント配列によって、LinearRingを作成します。 この配列は閉じたり開いてリングを代表する。 リングが開いている場合は(最後のポイントは最初のポイントと同じではない)、コンストラクタは、リングをクロースします。 リングが閉じられる場合は、クローズのままになります。
パラメータ

メソッド


addComponent

addComponent: function( point, index )


ポイントをジオメトリコンポーネントに追加します。 点が構成要素配列の終わりまで加えられることになっている、そして、それがその配列ですでに最後の点と同じであるならば、複製の点は加えられません。
パラメータ

戻り値
{Boolean} 正常追加されているかどうか。

removeComponent

removeComponent: function( point )


ポイントをジオメトリコンポーネントから削除します。
パラメータ
move

move: function( x, y )
move: function( x, y )


ジオメトリを指定された場所に移動します。
パラメータ
  • x {Float} X -変位(地図単位)
  • y {Float} Y -変位(地図単位)
rotate

rotate: function( angle, origin )


指定の原点を中心にして、ジオメトリの周りを回転させます。
パラメータ
  • angle {Float} 回転角度 (測定値の正のx軸から反時計回り)
  • origin {OpenLayers.Geometry.Point} 回転の中心座標。
resize

resize: function( scale, origin, ratio )


原点ジオメトリに相対的のサイズを変更する。このメソッドを使用し、ジオメトリに同じ縮尺を適用する。
パラメータ
  • scale {Float} ジオメトリサイズ変更の因子です。次元の倍数になります。(例えば線の場合は長さを2倍、ポリゴンの場合は面積4倍になる)
  • origin {OpenLayers.Geometry.Point} サイズ変更の参照点。
  • ratio {Float} オプション、サイズ変更するx:yの比率、ディフォルトは1です。
transform

transform: function( source, dest )


座標系を変換します。
パラメータ

戻り値
{OpenLayers.Geometry}

getArea

getArea: function()


ジオメトリの面積を計算します。注:その面積が正数の場合、CW指向のリングです、それ以外の場合はマイナスになります。
戻り値
{Float} ジオメトリの面積。
intersects

intersects: function( geometry )


幾何学交差するかどうか判断します。
パラメータ

戻り値
{Boolean} 入力ジオメトリと交差するかどうか。

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License