OpenLayers.Format.GeoJSONクラス

下記のクラスから継承


GeoJSONを読込み及び書込みクラスです。

コンストラクター


OpenLayers.Format.GeoJSON

引数

  • options {Object} プロパティ設定用のオプションオブジェクトです。

メソッド


read

read: function( json, type, filter )


GeoJSON文字列を読み込み、オブジェクトに変更します。
パラメータ
  • json {String} GeoJSON文字列です。
  • type {String} 出力の構造を決定する文字列です。 “Geometry”, “Feature”と“FeatureCollection”をサポートしています。 設定しない或いはnullを設定する場合は、ディフォルトで“FeatureCollection”を適用します。
  • filter {Function} 最終結果のあらゆるレベルであらゆるキーと値のために呼ばれるファンクションです。 各々の値は、フィルタファンクションの結果と取り替えられます。一般なオブジェクトをクラスのインスタンスに変更、或いはデータ文字列をデータオブジェクトに変更するのを使用されます。

戻り値
{Object} この戻り値はtypeプロパティに依存しています。typeは“FeatureCollection” (ディフォルト)の場合は、 戻り値はOpenLayers.Feature.Vectorの配列です。 typeは“Geometry”の場合は、引数jsonは必ずひとつ図形で、そして一つOpenLayers.Geometryオブジェクトを返します。 typeは“Feature”の場合は、 引数jsonは必ずひとつフィーチャーで、そして一つOpenLayers.Feature.Vectorオブジェクトを返します。

write

write: function( obj, pretty )


feature、geometry、feature配列をGeoJSON文字列に変換します。
パラメータ

戻り値
{String} GeoJSON文字列。

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License