OpenLayers.Filter.Comparisonクラス

下記のクラスから継承


比較フィルターのクラスです。

プロパティ


type

{String} 比較フィルターのタイプです。下記の値を設定できます。

  • OpenLayers.Filter.Comparison.EQUAL_TO = “==”;
  • OpenLayers.Filter.Comparison.NOT_EQUAL_TO = “!=”;
  • OpenLayers.Filter.Comparison.LESS_THAN = “<”;
  • OpenLayers.Filter.Comparison.GREATER_THAN = “>”;
  • OpenLayers.Filter.Comparison.LESS_THAN_OR_EQUAL_TO = “<=”;
  • OpenLayers.Filter.Comparison.GREATER_THAN_OR_EQUAL_TO = “>=”;
  • OpenLayers.Filter.Comparison.BETWEEN = “..”;
  • OpenLayers.Filter.Comparison.LIKE = “~”;
property

{String} 比較するコンテンツのプロパティ名です。

value

{Number} or {String} 比較の値です(バイナリ比較)。

lowerBoundary

{Number} or {String} BETWEEN比較の場合の最小値です。

upperBoundary

{Number} or {String} BETWEEN比較の場合の最大値です。

コンストラクター


OpenLayers.Filter.Comparison

比較ルールを作成します。
引数

  • options {Object} プロパティ設定用のオプションオブジェクトです。

メソッド


evaluate

evaluate: function( context )


指定されたコンテンツでフィルターを評価します。サブクラスで実装する必要があります。
パラメータ
  • context {Object} 評価するためのコンテンツです。

戻り値
{Boolean}

value2regex

value2regex: function( wildCard, singleChar, escapeChar )


指定されるwildCard文字によって、このルールの値を正規表現に変えます。値がすでに正規表現でない場合は、この方法をコールされます。
パラメータ
  • wildCard {<Char>} wildcard character in the above value, ディフォルトは“*”。
  • singleChar {<Char>) single-character wildcard in the above value ディフォルトは“.”。
  • escape {<Char>} {<Char>) escape character in the above value, ディフォルトは“!”。

戻り値
{String} 正規表現文字列。

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License