OpenLayers.Eventsクラス

定数


BROWSER_EVENTS

{Array(String)} サポートされているイベントタイプです。

プロパティ


fallThrough

{Boolean}

コンストラクター


OpenLayers.Events

パラメータ

  • object {Object} イベント対象するオブジェクトです。
  • added element {DOMElement} ブラウザーイベントを受けるDomエレメントです。
  • eventTypes {Array(String)} イベントタイプ配列
  • fallThrough {Boolean} Allow events to fall through after these have been handled.

メソッド


destroy

destroy: function ()

addEventType

addEventType: function( eventName )


イベントオブジェクトにイベントタイプを追加します。既に存在した場合は何も処理しません。
パラメータ
  • eventName {String}
register

register: function ( type, obj, func )


イベントオブジェクトを登録します。
イベントをトリガーされた時に、‘obj’コンテンツスコープ内にファンクション‘func’がコールされます。
仮に、 OpenLayers.Boundsオブジェクトを‘obj’にして、イベントを登録します、イベントをトリガーされた時にコールバックファンクションのコンテンツはBoundsオブジェクトになります。つまり、コールバックファンクション内にBoundsオブジェクトのプロパティ、メソッドを“this”でアクセスできます。下記のように:

leftStr = "Left: " + this.left;


或いは

centerStr = "Center: " + this.getCenterLonLat();

パラメータ

  • type {String} イベント名
  • obj {Object} イベントをバインドするオブジェクトです。設定されない場合はEventsの‘object’ プロパティを設定されます。
  • func {Function} コールバックファンクションです。指定しない場合はこのファンクションは何も処理しません。
registerPriority

registerPriority: function (type, obj, func )


register()とほぼ同じですが、イベントキューの前にリスナーを追加します。
パラメータ
  • type {String} イベント名
  • obj {Object} イベントをバインドするオブジェクトです。設定されない場合はEventsの‘object’ プロパティを設定されます。
  • func {Function} コールバックファンクションです。指定しない場合はこのファンクションは何も処理しません。
unregister

unregister: function ( type, obj, func )


パラメータ
  • type {String} イベント名
  • obj {Object} 設定されない場合はEventsの‘object’ プロパティを設定されます。
  • func {Function}
triggerEvent

triggerEvent: function ( type, evt )


指定されたイベントを発生させます。
パラメータ
  • type {String} イベント名
  • evt {Event}

戻り値
{Boolean} The last listener return. If a listener returns false, the chain of listeners will stop getting called.

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License