OpenLayers.Boundsクラス

このクラスの例は、空間範囲を表します。left, bottom, right, topデータが保存されます。すべての値はnullで初期化され、使用する前に、配置したことを確認しなければなりません。

使用例:

bounds = new OpenLayers.Bounds();
bounds.extend(new OpenLayers.LonLat(4,5));
bounds.extend(new OpenLayers.LonLat(5,6));
bounds.toBBOX(); // returns 4,5,5,6

コンストラクター


OpenLayers. Bounds

境界インスタンスを作成します。
パラメータ

  • left 境界の左座標。注:幅を計算のため、rightより小さい。
  • bottom 境界の下座標。注:高を計算のため、topより小さい。
  • right 境界の右座標
  • top 境界の上座標

メソッド


toString

toString:function()


戻り値
{String} 例:”left-bottom=(5,42) right-top=(10,45)”
toArray

toArray: function()


戻り値
{Array} left, bottom, right, topのような配列。
toBBOX

toBBOX:function( decimal )


パラメータ
  • decimal {Integer} 有効数字の桁数です。ディフォルトは6。

戻り値
{String} 例:”5,42,10,45”

toGeometry

toGeometry: function()


この境界オブジェクトをベースにして、ポリゴンインスタンスを作成します。
戻り値
{OpenLayers.Geometry.Polygon} ポリゴンオブジェクト。
getWidth

getWidth:function()


戻り値
{Float} 境界の幅。
getHeight

getHeight:function()


戻り値
{Float} 境界の高さ。
getSize

getSize:function()


戻り値
{OpenLayers.Size} サイズオブジェクト。
getCenterPixel

getCenterPixel:function()


戻り値
{OpenLayers.Pixel} ピクセル中心座標。
getCenterLonLat

getCenterLonLat:function()


戻り値
{OpenLayers.LonLat} ワールド中心座標。
add

add:function( x, y )


パラメータ
  • x {Float}
  • y {Float}

戻り値
{OpenLayers.Bounds} 渡されたxとy値によって移動された新しい境界を返します。

extend

extend:function( object )


point、lonlat或いはboundsを含まれるオブジェクトより、このインスタンスを拡張します。
注:left < right 且つ bottom < top.
パラメータ
  • object {Object} LonLat, Point或いは Bounds
containsLonLat

containsLonLat:function( ll, inclusive )


パラメータ
  • ll {OpenLayers.LonLat}
  • inclusive {Boolean} 境界線が含むかどうか。ディフォルトはtrue。

戻り値
{Boolean} 渡された座標は、この境界の中にあるかどうか。

containsPixel

containsPixel:function( px, inclusive )


パラメータ
  • px {OpenLayers.Pixel}
  • inclusive {Boolean} 境界線が含むかどうか。ディフォルトはtrue。

戻り値
{Boolean} 渡された座標は、この境界の中にあるかどうか。

contains

contains:function( x, y, inclusive )


パラメータ
  • x {Float}
  • y {Float}
  • inclusive {Boolean} 境界線が含むかどうか。ディフォルトはtrue。

戻り値
{Boolean} 渡された座標は、この境界の中にあるかどうか。

intersectsBounds

intersectsBounds:function( bounds, inclusive )


パラメータ
  • bounds {OpenLayers.Bounds}
  • inclusive {Boolean} 境界線が含むかどうか。ディフォルトはtrue。

戻り値
{Boolean} 渡された境界と交差するかどうか。Simple math just check if either contains the other, allowing for partial.

containsBounds

containsBounds:function( bounds, partial, inclusive )


パラメータ

partial {Boolean} trueの場合は、渡された境界は部分的に含むのを許可します。falseの場合は完全に含むの意味です。ディフォルトはfalse。

  • inclusive {Boolean} 境界線が含むかどうか。ディフォルトはtrue。

戻り値
{Boolean} 渡された境界は、この境界の中にあるかどうか。

determineQuadrant

determineQuadrant: function( lonlat )


パラメータ

戻り値
{String} 境界座標 (“br” “tr” “tl” “bl”)

transform

transform: function( source, dest )


境界の座標変換
パラメータ

戻り値
{OpenLayers.Bounds}

wrapDateLine

wrapDateLine: function( maxExtent, options )


パラメータ
  • maxExtent {OpenLayers.Bounds}
  • options {Object} 設定可能のオプション:
    • leftTolerance {float} Allow for a margin of error with the ‘left’ value of this bound. Default is 0.
    • rightTolerance {float} Allow for a margin of error with the ‘right’ value of this bound. Default is 0.

戻り値
{OpenLayers.Bounds} A copy of this bounds, but wrapped around the “dateline” (as specified by the borders of maxExtent). Note that this function only returns a different bounds value if this bounds is entirely outside of the maxExtent. If this bounds straddles the dateline (is part in/part out of maxExtent), the returned bounds will be merely a copy of this one.

fromString

OpenLayers.Bounds.fromString = function( str )


座標文字列から境界インスタンスを作成するコンストラクターです。
パラメータ
  • str {String} ','で区切りの境界座標文字列 (例: ”5,42,10,45”)

戻り値
{OpenLayers.Bounds} 境界のインスタンスです。

fromArray

OpenLayers.Bounds.fromArray = function( bbox )


座標配列から境界インスタンスを作成するコンストラクターです。
パラメータ
  • bbox {Array(Float)} '境界座標配列 (例: [5,42,10,45])

戻り値
{OpenLayers.Bounds} 境界のインスタンスです。

fromSize

OpenLayers.Bounds.fromSize = function( size )
サイズオブジェクトから境界インスタンスを作成するコンストラクターです。
パラメータ

戻り値
{OpenLayers.Bounds} 境界のインスタンスです。

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License