4. 制限/TODO
  1. GetFeatureInfo?は完全にはサポートされていない。出力について、リモートのサーバ次第の部分が残るからである。メソッlayer.getWMSFeatureInfoURL()が地物の情報へアクセスしそれらを操作するためにMapscriptに追加されている。
  2. MapServerはレイヤのcapabilitiesを取得しようとしない。全てのマップについてそうした場合、描画が極端に影響をうけるだろう。そして情報のキャッシングは Mapserverのコア部分には属していない。これはアプリケーションレベルのスクリプト内部で、そして情報が必要な場合にのみ、情報が MapserverのコアへCONNECTION文字列とメタデータを経由して渡されることにより為される方が適している。(我々はリモートのWMSサーバのcapabiliteisを取得しパースするのにPHPを用いるデモとして、MapBrowser? PHPアプリケーションをもうすぐリリースする)。

                                                                                       
                                                                                       
                                                                                       
                                                                                       
                                                                                       
                                                                                       

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License