1. 概要

MapServerはWFSサーバからデータの取得と表示ができる。下記のドキュメントはMapServerでWFSサーバのデータを表示する方法を説明する。

WFS ( Web Feature Service )は地物レベルの空間データをウェブへと発行するものである。これはそのデータを地図をレンダリングする際のデータソースとして利用できることを意味している。実際に、これはshpファイルに対してウェブを通してアクセスできるようなものであるが、単にshpファイルではなく、XMLでエンコードされたジオメトリと属性の双方を持つ空間データ(正確にはGML)であるということである。

1.1 WFS関連の情報

リモートのWFSデータを読み込むMapserverのアプリケーションを実装するためにWFSとGMLについての詳細な理解が要求されるわけでは無いが、最低限、双方のコンセプトと基本的な機能については精通しておくことを勧める。ここに公式なリファレンスを示す(Mapserverを用いたOGCについてのワークショップの情報を新たに追加した)。

1.2 必要なソフトウェア

MapserverにWFSデータを提供できるようにするためには、以下のライブラリを用いてコンパイルされていることが必要である:

  • PROJ.4: 再投影ライブラリ。バージョン4.4.3以降が必要。
  • GDAL/OGR: I/Oサポートのライブラリ。バージョン1.1.8以降が必要。
  • LibCURL: MapserverがHTTPクライアントとして機能するために用いられる。バージョン7.10以降が必要。

これらのライブラリや機能のサポートをつけたMapserverのコンパイルにの詳細ついては、 Mapserver UNIX Compilation and Installation HOWTO を参照してください。 Windowsユーザは必要なバイナリがMapserverのウェブサイトでみつからないか確かめてください。

Add a New Comment
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License